自動車を走らせている際に、「クルマを使用したままで直ぐ融資可能」という看板やポスターが偶然見かけることも多いと思います。こういった広告は、車を担保としてお金を融資する広告であることが多いようです。車担保融資と呼ばれる言葉は、耳にしたことがあっても、実際にどういったローンキャッシングの方法なのか割と把握していない人もいるはずです。車担保融資とは、それだけメジャーでないローン方法ともいえます。車担保融資では、愛車を返済に行き詰った際の保険にすることで、車の査定を行い、その金額の査定範囲の中での融資を原則として行っています。通常の中古車買取専門店での査定と同様に、年式が経つ車や修復歴がある車であると、査定額が安くなってしまうことがあるので車を担保としてお金を融資を受ける場合には覚えているといいと言えます。車担保融資は、「クルマ」という手で触れるものを保険として抑える方法ですので、金融業者などで借り入れができない人でも直ぐに査定枠でのローンを行えるはずです。また、銀行や消費者金融での融資には多様な手続きの流れや面倒な審査などがありますが、車という実質資産を使い行うローンですから、そういうものが不要ということもあります。近頃では、自動車を返済ができなくなった際の保障にしてローンを受けても、担保にしている車を今まで通り引き続き使用することが出来る車を使った担保融資も増えてきています。但し、ローン方法の欠点としては、車の査定額にローンキャッシングの価額も振り回されますから、乗っているクルマによって、自分が志願する額のローンを受けられないということもあるはずです。車を返済ができなくなった際の保障にしますから、もし返済そのものが出来ない時には、即座に愛車を売らなければならないというのも、欠点といえるかもしれません。愛車が日常で欠かせないアイテムである世帯では、愛車を、担保とする融資の手段は、相当リスクが多いといえるかもしれません。